2015年3月−4月「わたしの穴 美術の穴」

at Space23℃

 

石井友人

榎倉冴香

地主麻衣子

高石晃

桝田倫広

 

 

 

 

「わたしの穴」  

 

わたしの家のお手洗いのドアにはブルース・ナウマンの「Body Pressure」のインストラクションが貼ってある。

ナウマンは「できる限り強く壁に体を押し付けてみろ」と言っている。

正直に言うと、もはやわたしは壁にリアリティを感じない。

目に見えて対峙できる壁などわたしの前にはない。

水の中にいるみたいに、皮膚は全方向から圧力を受けている。

わたしの体はすでに全包囲されている。

穴を掘ろうと思った。

 

穴はわたしが立っているこの場所にあけられている。

そこでは風も吹かない。

わたしの呼吸がよく聞こえる。

意識の下の方にはきっと同じような穴が続いている。

その場所へ少しだけ帰るのだ。

 

 

 

「美術の穴」

 

美術というフィールドにそびえる白い壁に、穴にいるわたしの姿を重ねてみる。

穴を掘り自ら作り出した壁に、もう一度自分の体を強く押し付けてみた。

壁の向こう側で、わたしを押し返す何ものかを、未だ想像出来ないのだろうか。

 

ホワイト・キューブは美学的制度というカギ括弧の中に、作品を挿入するひとつの仕組みである。しかしわたしの絵を支えているこの壁は、わたしと対峙する明確な理由を、実は示してはいない。制度的リアリティーの脆弱さは、わたしの表現とも同様に関わっている。

 

わたしが立っている大地に、シャベルを突き立てる。

ここでの大地というモチーフは、自らの出自や表現媒体に見立てられたものである。

掘るという行為は、表現することの原初的な発生段階と重なる。

わたしが依って立つ場所。

 

その場所を探索する試みである。

 

 

 

 

 

 

 

photo by:Takuma Ishikawa